株式会社 宮崎経済連直販株式会社 宮崎経済連直販

企業情報

経営理念

経営理念

基本を大切にします。 創造性を大切にします。 農業を大事にします。 お客様を大切にします。 社員を大切にします。
基本を大切にします。 創造性を大切にします。 農業を大事にします。 お客様を大切にします。 社員を大切にします。

会社情報

会社情報

商号
株式会社宮崎経済連直販
本店所在地
〒880-0036
宮崎市花ヶ島町鴨の丸829番地の1
設立
昭和47年(1972年)1月11日
資本金
4,558万円(JA宮崎経済連全額出資)
年商
57億円(平成29年度実績)
従業員
121名(男性50名、女性71名)※平成30年6月1日現在
事業内容

農林畜水産物の販売並びに加工包装販売

買廻り品並びに身の廻り品の販売

上記各号に附帯関連する一切の事業

会社沿革

会社沿革

昭和47

昭和47年株式会社宮崎経済連直販所設立(1月11日)
資本金1,200万円、大根切干の販売開始、初代社長 長友安盛氏就任

昭和48年資本金を2,200万円に増資

昭和50

昭和50年株式会社宮崎経済連直販に商号変更
椎茸加工場の整備、青果物選果場の新設、事業拡大、初代会長 坂元親男氏就任

昭和55年総取扱高30億円突破

昭和58年大根切干、椎茸の外注加工から自社加工に切換え生産拡大をはかる

昭和59年茶の販売に着手、取扱高2,200万円

昭和60

昭和60年大阪駐在の設置(10月)

昭和61年円高による椎茸輸出の激減による国内販売での過当競争で販売に苦慮する

昭和62年アンテナショップを寿屋宮崎店に出店

昭和63年米の小売資格を取得

平成

平成元年輸入農産物及び加工食品の種類が増加し、販売競争が一層強まる

平成2年花ヶ島別館4Fに事務所を移転する(4月)
2代目会長 足利晃市郎氏、2代目社長 時任昌男氏就任

平成3年総取扱高50億円突破(55億円)

平成4年米の小売取扱数量211トン取扱高107百万円となる
「味乃旬平くんギフト」スタート(10月)

平成5年大根切干取扱高数量848トンとなる、資本金4,558万円に増資
3代目会長 内野栄蔵氏、3代目社長 中村眞澄氏就任

平成6年アンテナショップAPASフェニックスシーガイアパラダイスガーデンに出店

平成7年米の卸売資格を6月5日に取得、米穀部及び搗精工場の設置

平成8年4代目会長 黒木光男氏、4代目社長 日高康氏就任

平成9年5代目社長 佐藤高義氏就任

平成10

平成10年園芸部、JA宮崎経済連広域集配送センターに事務所を移転する

平成11年5代目会長 佐藤高義氏、6代目社長 羽田正治氏就任

平成13年株式会社宮崎食糧を吸収合併(8月)

平成14年6代目会長 羽田正治氏、7代目社長 坂下輔成氏就任
無洗米工場の設置(11月)

平成17年東京営業所開設(2月)
6代目会長 羽田正治氏退任(6月)

平成19年坂下社長が春の叙勲において旭日単光章を受章(4月)

平成20

平成20年8代目社長 横山忠男氏就任

平成21年茶パッケージセンター設置(4月)
西都市に千切大根機械乾燥場を設置(12月)

平成22年7代目会長 羽田正治氏就任
(株)宮崎米商の全株式を取得し、100%子会社化(3月)
(株)宮崎米商から商号変更した(株)ミヤベイ直販に米穀部門を事業譲渡(4月)

平成23年JAビル売店にて酒類販売業免許取得(4月)

平成24年9代目社長 山﨑政志就任

平成26年8代目会長 新森雄吾氏、10代目社長 壹岐定憲氏就任

平成30

平成30年JA宮崎経済連に園芸部門を事業譲渡(4月)