PAKU PAKU みやざき 食品の美味しい食べ方や 豆知識を紹介してるよ!ちょくにゃんPAKU PAKU みやざき 食品の美味しい食べ方や 豆知識を紹介してるよ!ちょくにゃん

お茶について

椎茸について 楽しく学ぼう!椎茸について 楽しく学ぼう!

お茶ができるまで

  • 仕入れ

    入札で荒茶を仕入れするよ!荒茶は飲んでもおいしくないんだ!
    火入れなどをして普段みんなが飲んでいるお茶に仕上げていくよ!

  • 選別

    ふるい網や専用の機械を使って、茶葉の大きさや茶葉の内容(葉・茎・粉)を選別します。

  • 火入れ

    「細かいお茶」と「大きいお茶」をお茶専用乾燥機にて乾燥し、約3%の水分量にし、「香・味・保存」レベルを向上させます。

  • 異物除去

    安全性向上のため目視にて異物除去を行います。

  • 梱包

    機械を使って袋に詰めていきます。小袋詰めは自動包装機、ティーパックは専用の機械、内容量が多い製品は手詰めで製品を作っていきます。

  • 出荷

    出来上がった商品は、全国各地へと出荷されるよ!
    おいしいみやざき茶をぜひ飲んで見てね!

お茶の種類

  • 煎茶・深蒸し茶煎茶・深蒸し茶
  • 番茶番茶
  • 焙茶焙茶
  • 玄米茶玄米茶
  • 玉露・かぶせ茶玉露・かぶせ茶
  • 抹茶抹茶
  • 蒸し製玉露茶(ぐり茶)蒸し製玉露茶(ぐり茶)
  • 釜炒り製玉緑茶釜炒り製玉緑茶
  • 烏龍茶など烏龍茶など
  • 紅茶紅茶

宮崎県内のお茶の産地

  • (1)新富町(4/9〜4/15前後)

  • (2)延岡市(4/15前後)

  • (3)西都市 (4)宮崎市 (5)高原町 (6)都城市(一部)

  • (7)高鍋町 (8)川南町 (9)国富町 (10)小林市
    (6)都城市 (11)串間市 (2)延岡市 (12)日向入郷地区

  • (13)高千穂町 (14)五ヶ瀬町 (15)日之影町
    (4)宮崎市(一部)(16)都農町(一部)

美味しい飲み方

釜炒り茶

  • 適温は約80℃くらいです。
  • 3人で8g(家庭にある大さじ軽く2杯分)お茶の葉を急須に入れます。
  • 湯ざまししたお湯を急須につぎ、1分位お茶が浸出するのを待ちます。
  • 2杯目はお湯を入れてから20秒くらい待ち、煎出してください。お茶菓子は2煎目の前にどうぞ!

煎茶・白折茶

  • 適温は約60℃~70℃くらいです。
  • 3人で4~6g(家庭にある大さじ軽く2杯分)お茶の葉を急須(深むし用)に入れます。
  • 湯ざまししたお湯を急須につぎ、30秒位お茶が浸出するのを待ちます。
  • 2杯目はお湯を入れてから10秒くらい待ち、煎出してください。お茶菓子は2煎目の前にどうぞ!

水出し

◯お好みのボトル・ピッチャー等をご用意ください

  • 1リットルに対して約15g~20gの茶葉をボトルに入れます。
  • 茶葉を入れたボトルに常温の水を入れます。
  • 冷蔵庫で一晩ほどかけ、じっくり浸出します。

工場見学について

工場では社会見学の受け入れをしています。袋詰めなどの製造工程や工場で働く人たちの姿を見学することができます。下記のボタンよりお気軽にお問い合わせ下さい。

茶楽庵について

「茶楽庵」で充実したひとときを、すごしてみませんか。

宮崎経済連直販「茶楽庵」では、茶室・会議室の施設貸し出しを行なっています。快適、清潔な空間はみなさんの心を落ち着かせてくれるでしょう。茶会・催し会・その他会議などにぜにご利用ください!

  • 営業日時

    月曜日から土曜日(日曜祝日は休館)
    ※5、6月については、日曜祝日も営業
    ※年末年始は休館

  • ご利用料金

    午前(8時30分から12時)
    2,000円
    午後(13時から17時)
    3,000円
    全日(8時30分から17時)
    5,000円
  • ご利用人数

    茶室(八畳)
    10名程度
    会議室
    15名程度
※茶室と会議室を分けた貸し出しはしておりません。
※視察および茶道具などの貸し出しは無料です。
※当施設内は禁煙です。
※白い靴下をご持参ください。
 (無料貸し出しもしております)
お申し込みはこちらお申し込みはこちら
煎茶・深蒸し茶

日本茶の代表で、最も一般的なお茶。流通量の約85%を占めている。
上級茶ほど旨みや香りが良い。
茶葉を深く蒸して渋味を抑え、マイルドな味にしたものを深蒸し茶という。

番茶

製法は煎茶と同じ。夏・秋摘みの比較的大きく硬めの葉を
主な原料とした茶で、成分も豊富。

焙茶

番茶や煎茶を強火で炒り、香ばしい香りを出したもので、
食後の茶に好まれる。

玄米茶

番茶や煎茶に高圧で炒った米などを混ぜたもので、
香ばしい玄米の香りがピッタリあった風味豊かなお茶。

玉露・かぶせ茶

よしず棚などで茶園を覆い、直射日光を避けて甘みを増し、
苦味を抑え育てた高級茶。被覆期間の短いものをかぶせ茶という。

抹茶

玉露同様、日光を避けて育て、蒸したのち葉脈を取り除き乾燥させたもの
(碾茶)を石うすで挽き、粉にしたもので、主に茶道に使われる。

釜炒り製玉緑茶(ぐり茶)

製法最終工程が煎茶と異なっているために丸い形となっている。
「ぐり茶」とも呼ばれる。さっぱりした味が特徴。

釜炒り製玉緑茶

鉄製の釜で茶葉を炒って仕上げたもので、丸いかたち。炒った香りが特徴。
主に九州地方で作られている。

烏龍茶など

半発酵で紅茶と緑茶の中間に位置する。
香り高いお茶で日本でもおなじみ。
台湾、福建、江西が主な産地。

紅茶

茶の葉を完全発酵させたもの。濃い橙紅色で香り高い。